自然を愛する休日②

自然を愛する俺は休日をなげうって、前橋市六供町の清掃工場で開催されたリサイクル祭りという催しものに環境保全事業共同組合員として参加したのだ。
フリーマーケットなどの出し物があり家族連れで大いに賑わうこの祭、我が組合は「環境学習巨大迷路」で参加。

チビッコたちが受付をして迷路をクリアする。
その景品として綿菓子と風船とヤクルトがもらえるという夢のような出し物である。しかも無料。父母のポケッツも痛まない。

俺 は景品である綿菓子を配る係。
仕事を順調にこなし
「いやー感謝されるっていいもんだ。」
と自己陶酔していると、ある女子小学生低学年二人組が質問を投げかけてきた。

「なんで男なのに髪長いの?」
おっとこれはなんとも答えづらいハイレベルな質問である。答えに戸惑っていると、
「おかまだから?」
と言ってきた。
なんという安直な発想であろうか。さすが小学生。
これは俺も話に乗らねばなるまいと
「そうだよー。今日は作業着だけど普段はスカートはいているんだー。」
と答えた。
小学生は一応の関心を示してくれた。

すると別の小学生がこう言ってきた。
「おかまじゃなくても、髪長いおとこいるよー。」

「おいおい、おれが話に乗る前に言えよ-。」
俺は約20コ下につっこんだ。

すると

「だって私の前のお父さん、髪長かったもーん。」

「・・・」

健気に綿菓子をほおばる姿に、彼女の複雑な家庭環境を垣間見てしまった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です