フリースタイル定食屋

友人数名とランチこと昼飯を食べに行った。

内一人(A氏とする)は仕事の中抜けだった為、早い、うまい、安い!的なところをさがした。

3つの条件に当てはまるかどうかは知らないが近所に餃子の王●があるとのことで行ってみた。

しかし今日は日曜日。
つまり休日。
しかもお昼時。

外食産業にとってはゴールデンタイム。

前述のとおり仕事中抜けA氏を要する我パーティー(ドラクエ風)はここで席の開くのを待つ時間的余裕はなかった。

別の行き先を考えていると、『我が社の裏に定食屋があるからそこに行こう。自分はまだ言ったことないけど同僚がたまに行ってる。』と発案。

そんなわけで定食屋の暖簾をくぐった。

が、

客の姿が見当たらない。
まさか休み?

今日は日曜日。
つまり休日。
しかもお昼時。
外食産業にとってはゴールデンタイム。
(2回目)

しばらくすると奥からマスターらしき人登場。

ていうかマスター、ランニングシャツにパジャマのズボン、しかも片足まくってhiphopスタイルか?

野菜炒め定食、天ぷら定食、五目ラーメン、冷やし中華を注文。

店内を見渡すと他の従業員の姿は見当たらない。

いやな予感。

店内のテレビではアッコにおま●たせが流れている。
予感的中。

番組もエンディングを迎えた頃、ようやく全員の料理が揃う。

『時間だから仕事もどるわ。』

野菜炒めの7割を残しひとり脱落。

時は経ち、みんなもうお腹いっぱい、というかもう要らなくなったのでいざお会計タイム。

気がつくと店内には私たちしか居ない。

いや、違う。

はじめから私たちしかいなかったんだ。
(jojoの奇妙な冒険風)

この時に至ってはマスターもいない。

『おーい。誰かいませんかー。』

と厨房をのぞくも声が虚しく響くだけ。

仕方ないので店内を物色。

10分ほど経った頃、誰かが店に入って来た。

マスターだ。

『いやー、すいませんね、ナハナハ。』

ナハナハとは言っていないが、どうやら出前に行っていたようだ。

おいおい。

フリースタイル具合にマジ泣けたっすー。(スチャダラパー)

※その他のフリースタイル具合を見てみよう。

■テレビよりテレビ台のほうがデカく高価。

テレビ台

■おてもとケースを見てみよう。どんだけ客がきているんだ。しかも、なぜかバミっているうえに粘着面が見えている。

なぜか虫眼鏡。

おてもと

フリースタイル定食屋” に対して2件のコメントがあります。

  1. パンだ より:

    ついにこの日の日記きたー!爆
    これよくない?よくないこれ?よくなくなくなくなくsayイエーイ!

  2. より:

    >ぱんで
    定食屋に華やかなひーかりー。
    よくわかったな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です