プロデューサー①

ONE GRAM TONE 3年ぶりの作品制作が始まりました。

今回はプロデューサーにあのヒットメーカー、ショウタ氏(生後10ヶ月)をむかえてのレコーディングです。

「オレが手がけるからにはヒットを約束する。」

と力強く語る彼は今日、スタジオに紙オムツを忘れていきました。

ショウタP、明日もよろしくお願いします。

プロデューサー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です