生ビール200円

といううたい文句に誘われてくぐった暖簾の居酒屋のメニューはいと高し!

「塩辛ひとつ!」

と注文すると

「ひとつでいいの?うちのは小さいよ」

おいおい、そりゃないよ!

ほっけを頼めば

「しまほっけのほうが美味いからそっちにしな!」

と言い、こちらの返事も聞くことなくほっけより割高のしまほっけをだされる!

おいおい!

渋谷の一等地で個人経営の大衆居酒屋を営むにはこれくらいがめつくないといけないのだね。

なるほどコントみたいなお店だった!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です