普通という幸せ

JR西日本の脱線事故から一ヶ月。

生き残ったある人はその日から日記をつけ始めたそうです。

死の恐怖を味わったその人は普通の生活を送れる幸せを書き留めているそうです。

仕事が嫌とか、学校が嫌とかそう考えればほんとに小さな事ですね。

嫌だなと思って済むなら平和なのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です