マットの耳とはマットを運搬する時に持つ、言うなれば取っ手。

体育の時間の体操の授業。
マット運動をするためマットを敷く。

先生は
「足ひっかけて転ぶかもしれないから耳は内側に畳んでおけ!」
と言っていたけれど
ころんだ奴いるのか?アレに足引っ掛けるほうが難易度高めではないだろうか。
亜細亜大学の一芸入試で合格する勢いだぞ。

大人にならなきゃ気がつかないことだな。

◆◆◆◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です