自分だったら

昨日放映していた、実写版ちびま●こちゃんでギャル曽根が回転すし80皿に挑戦し、難なく完食していた。
しかし、あの箸の持ち方が気になって凄さを感じなかった。

今日は朝から雨だ。

光市の母子強姦殺人の再審で、被告人の死刑を回避しようと21人の弁護団が登場し、まことに滑稽な言い分を放ったわけだがコレにだれが納得するのだろうか。

死刑制度廃止の宣伝でやってきたかのようなとってつけた意見。
殺害当時の精神年齢は12歳程度だったというけど12歳なら来年中学生だもの。
分別つくでしょうに。

裁判制度の細かい仕組みまではよく知らないが、裁判官はなぜこんな時に限って検察の求刑をスパッと受け入れないのだろうか。

世間にあまり知られていない【細かな仕組み】の中に何か潜んでいるのか。
裁判が長引くことによって得する誰かがいるんだろうな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です