プロデューサー③

現在ONE GRAM TONE は3年ぶりの作品制作中。

今回はプロデューサーにあのヒットメーカー、ショウタ氏(生後10ヶ月)をむかえてのレコーディンだが

「オレは離乳食に忙しい。もうお前等だけで十分やれるよ。」

と力強く語り 現場を任せてくれたので

自分で弾いて、歌って、録ってのセルフレコーディング〔写真参照〕に切り替わった。

レコーディング①


ひとりで2役同時にこなすので 1曲録り終える頃には疲労困憊、満身創痍である。

レコーディング②

プロデューサー③” に対して2件のコメントがあります。

  1. より:

    ショウタプロデューサーは
    かなり満足されておられました。(笑)
    楽しみです

  2. より:

    >姐
    ショウタPに
    貴方の誕生日までにはなんとか仕上がる。
    って伝えて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です