高崎clubFLEEZ

高崎まつりに便乗しようとした今日の企画。

地上の賑わいを眺めるかの様に、
takasaki祭り

地下の表情は冷静だった。
パネルと私

型抜き。絶対抜けないことを理解するまでに私も随分時間がかかたものだ。
katanuki

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

DYVERthDAY FINAL

次の記事

華やいだ祭りのあと