熊谷BLUEFOREST

ライブ会場の真下に位置する2階のバースペースが今日の打ち上げ会場だった。

そこには英会話講師をしているという【V】という男がいた。

音楽は好きだが何より人間がすきだと言う。

『俺何歳だと思う?』

と、流暢な日本語での彼の質問から会話が始まった。

「forteen?」

俺は答えた。

『なわけないだろ。』

彼の突っ込みは的確だった。

『答えはtenだよ。』

「10?」

『そう てんさい。』

ライムを駆使したレベルの高いジョークに場内騒然。

今度ここでハロウィンパーティーを開催するとも言っていた。

『みんな変装して来いよ』

「【V】はどんな変装するの?」

『俺は白ブリーフ一枚履くだけさ。』

どうやら オレオ に変身するようだ。

そういえば出身はプエルトリコといっていた。

■そんな打ち上げが始まる前。
かけつけてくれたUG.スタッフのコージと俺らはライブをやらないだけでバンド活動はしてるんだ!といいはるBUZZCONCEPTのBASS・のぶSICKとFKDとオレ。

青森

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です